So-net無料ブログ作成

2013_4 Singapore tour [旅行記]

 
←To 2012_8  France Tour  

 
                          2013年4月21日UP

SG flag.jpg 
  
4月7日早朝~4月10日夕方までの正味4日間、妻と二人でシンガポールに行ってきました。 
 
 

 
DSCN2643m.jpg今回は旅行会社を使わず航空券やホテルはすべて自己手配です。妻は初めてのシンガポール訪問ですが、私は1975年にシドニー赴任の帰途約1ヶ月間仕事で滞在しているので38年ぶりの訪問です。
 
航空券は、毎月の高額な抗癌剤治療支払いで溜まったJALカードのショッピングマイルで、特典航空券をゲットしました。キャンペーン中とかで2人分で6万マイルの供出で済みました。全て無料かと思いきや、出入国税、空港使用料、燃油特別付加運賃、航空保険料などの税金等は別途必要との事で2人分で56,000円ほどかかりました。 

 
 
 
  
eticket.jpg


 
DSCN2632.JPGホテルは、ソフトバンクのTVCMで有名になった屋上に船の形のプールがある Marina Bay Sands Hotel を 3泊予約しました。 
 
WEBサイトからOFFER→EARLY BOOKING OFFER で Early Booking Privilege Offer なる 45~180日前の早割を選択。生憎当日が45日前だった為かどうしても予約を受け付けてくれません。試しに翌日から2泊を入力すると予約できました。 
 
1泊だけ別のホテルに泊まることも考えたのですが、面倒なので、ホテル に直接電話し1泊分を同じ部屋で予約して貰いまDSCN2133m.jpgした。 後で分かったのですが、ネット予約分の2泊は通常料金の約20%引きだったのに、電話で追加して貰った1泊は5%引きでした。 予約は余裕をもってされた方が良いですね。 
 
予約した部屋はスイートの1ランク下の Grand Club Room なる 79M2 の角部屋です。 57階の Club Lounge での無料の朝食に加え、14:00~16:30 の Complimentary Afternoon Tea 、17:00~19:00 の Complimentary Cocktail & Canape Hour (お酒飲み放題)、無料インターネット、無料市内電話などの特典が着いた豪華な部屋です。(飛行機が無料だったので奮発しました)
 

hotel voucher3.jpg
 
 
旅行日程:
 
4月6日  
     雨の夜9時前、自宅出発、バス電車を乗り継ぎ22時頃羽田空港へ
     JAL サクラ ラウンジ で遅い夕食
4月7日
 
     深夜1時に離陸(JAL035便)、朝7:00頃、シンガポール CHANGI 国際空港 到着
 
     空港の銀行で両替:2万円が SG$ 257 に替わりました。
      1SG$=77.82 円くらいの感じでした。 1SG=80円と記憶
 
      タクシーでホテルに向かい、ベルデスクに荷物を預けて屋上のプールで休憩
      徒歩でマーライオン 見学ツアー
      マーライオン近くの Starbucks でサラダとホットサンドのランチ(21$と高かった)
 
DSCN2098.JPGDSCN2101.JPGDSCN2105.JPGDSCN2116x.JPGDSCN2117.JPGDSCN2117x.JPGDSCN2124x.JPGDSCN2142.JPGDSCN2152.JPGDSCN2149.JPGDSCN2155.JPGDSCN2161.JPG
  
      近くの MRT Raffles Place 迄歩き、NS 線で Marina Bay 経由、ホテルの有る
      CC 線 Bayfront 駅へ移動。 MRT(地下鉄)を初体験
      地下街の運河通りや噴水、フードコート、アイススケートリンク、カジノを散策
 
DSCN2167x.JPGDSCN2164.JPGDSCN2168.JPGDSCN2169.JPGDSCN2171.JPGDSCN2172.JPG
 
      ホテルに戻り、ようやく部屋に入る。タワー3の24階の角部屋が割り当てられました。
      ベル・デスクからの荷物の配達を待って、57階の Club Lounge に行き、
      Afternoon Tea と Cocktail & Canape Hour を堪能。飲み物メニューはけっこう
      豊富に揃っていました。癌にかかって居なければ死ぬほどお酒が飲めたのに残念。
 
DSCN2176x.JPGDSCN2176.JPGDSCN2190.JPGDSCN2191.JPGDSCN2196.JPGDSCN2240.JPG
  
      妻が酔ったので、プールサイドで夜景を見ながら休憩し、その後一般客の入れる
      スカイデッキを散歩した後 部屋に戻り就寝
 
 
4月8日  
     朝、部屋のベランダから植物園の方向に虹を発見
     朝食後、夕方までプールと Club Lounge での無料のおやつタイム、
     ドリンクタイムを楽しむことにしました。
 
DSCN2278b.JPGDSCN2278d.JPGDSCN2278j.JPGDSCN2278f.JPGDSCN2278g.JPGDSCN2278t.JPG
 
      夜、ナイトサファリに行こうと思ったのですが雨の予報で行くのを止め、
      MRTを乗り継いで、名門 RAFFLES HOTEL のロビーとショッピングアーケードを
      覗いてきました。 流石に我々のホテルとは風格が違いました。

 
      ホテルに戻りカジノに行ったのですがラスベガスと違い勝手が分からず、妻が
      スロットマシーンを少しやっただけで、直ぐに出て21:30開始のホテル EVENT PLAZA での
      噴水ショーを楽しみました。ラスベガスほどではありませんが、レーザービームや
      水煙にプロジェクションの画を映し出したり、それなりの演出がされており楽しめました。

DSCN2282.JPGDSCN2285.JPGDSCN2284.JPGDSCN2325.JPGDSCN2328.JPGDSCN2327.JPG
 
      ホテルの部屋に戻り SKYPE をつなぎ、東京の娘と横浜の息子に状況報告をしました。
      息子が3か所から参加のお試し回線をトライしてくれたのですが、私の iPad のみが音声のみ
      の通話になり、面白くないので、娘、息子と個別に2回に分けて回線をつなぎました。
 
      直近のシンガポールを良く知っている娘から「ホテルにじっとしているだけでは駄目、
      リトルインディアとかチャイナタウンとかアラブストリートは行ってみるべし」・・・
      とのアドバイスが有ったので翌日早速、覗いてきました。
 
4月9日   
     朝からリトルインディア、チャイナタウンを散策
     歩き過ぎて疲れたので、チャイナタウンからホテルまでタクシーで移動
     ホテルのショッピングアーケードにあるフードコートでラクサとジャージャー麺を体験
     ラクサは口内炎のある私には痛くて食べれなかったです。主にジャージャー麺(韓国?)を担当
 
DSCN2349.JPGDSCN2359.JPGDSCN2403.JPGDSCN2404.JPGDSCN2416.JPGDSCN2418.JPG
 
     ホテルに戻り水着に着替えて屋上プール( Sands SkyPark Infinity Pool が正式名称)へ
     16:30頃にもの凄い雷雨になり、建物の一部に落雷を目撃。未だ雨季でも無いのに
     毎日夕方にスコールが降る状態です。 待っていると 1~2時間でやみます。
 
     17:00 からの Cocktail & Canape Hour で赤ワインを一杯だけ頂き
     18:00 頃に島の北部が雨なら諦める覚悟で、タクシーでナイトサファリに向かいました。
     幸い雨も降らず何とか19:30 からの日本語トラムツアーと20:30 からのアニマルショーを
     見物できました。日本語トラムの乗車料こみでしょうか二人で 78$ (タオルのお土産2個付)
     でした。ホテルからナイトサファリ間のタクシー代は往路が 32$、復路が 27$ でした。
 
DSCN2423a.JPGDSCN2423b.JPGDSCN2423c.JPGDSCN2426.JPGDSCN2432.JPGDSCN2433.JPG
 
     トラムツアーでは、暗いうえに動いているので私の写真撮影は全てボケボケ
     でした。 どんな動物がいたかは、ご本家のWEBサイトからの下の写真を拝借しました。
 
img-eltrail-1[1].jpgimg-leopard[1].jpgthumb-eafrica[1].jpgimg-eltrail-4[1].jpgimg-eltrail-3[1].jpgimg-eltrail-2[1].jpg
 
     アニマルショー(正式には Creatures of the Night Show と呼ばれています)は 20 分間
     ほどの時間でしたが、クライマックスは体長5Mほどのニシキヘビの登場。
 
DSCN2493.JPGDSCN2506.JPGDSCN2510.JPGDSCN2512.JPGDSCN2519.JPGDSCN2523.JPG
 
     私たちは
前から2列目のベンチに座っていたのですが、その真下(正確には3列目の観客の 
     足置き場の 鍵付き鉄板部分)から登場させて、蛇嫌いの妻をびっくりさせていました。 
     その蛇をタケオという日本人客の首に巻きつけ、スタッフ全員が居なくなって置き去りにする 
     シーンも演出されておりあっという間に楽しく時間が過ぎました。
 
     22:00 頃、タクシーでホテルに戻り、カジノに再挑戦。2階建になっており、1階が喫煙席
     2階が禁煙席でした。 ゲームのルールは今一理解できなかったのですが、プレイメイトの
     美女の写真がいっぱいあるスロットで私が何回か回転させた所、ビギナーズラックでしょうか、 
     いきなりカードをめくる画面になり、適当に選んでいくとマシーンが勝手に数十回 
     勝手に回転を始め、10$ の掛け金があっという間に 29.5$に 増えてしまいました。 
     妻が既に 20$ を使い切っていますので二人で 30$ を投資して 0.5$ の損。僅か 40 円ほどで 
     二人が2日間遊ばせてもらったことになります。因みにカジノ内のドリンクは無料でした。
 
     その後、ホテルの部屋に戻り横浜の息子と Skype で交信して就寝
 
4月10日  
     朝食後、チェックアウトの 11:00 まで 今回の旅行最後のプールを楽しみました。
 
     プールのあと部屋に戻り、シャワーを浴びたいからチェックアウト時間を 12:00 にしてくれ 
     と concierge に交渉し、無料延長を OK させ、12:00直前に部屋の TV で Video Checkout。

     ロビーで印刷したレシートをゲットし、夕方まで荷物をベルデスクに預け、 
     38年前に1か月程滞在したオーチャードロードの ホテルの辺りを思い出探しの散策。
 
DSCN2569.JPGDSCN2570a.JPGDSCN2570b.JPGDSCN2582b.JPGDSCN2588.JPGDSCN2590.JPG
 
    オーチャードロードは街並みも変わり、むかし滞在した正確な場所は分からなかったですが、
     MRTオーチャード駅近くの Hilton ホテルのフロントに立ち寄り、「俺40年ほど前に
     この辺りのホテルに1か月滞在したのですが、ホテル名が Hilton だった記憶がないけれど、
     Hiltonはいつからここにありますか?」などと聞いてしまいました。「はい私たちは40年前から
     この地に有ります」・・・との答えでした。シドニーから日本への帰途1か月ほど滞在したのは
     このホテルだったのかも知れません。
 
     思い出の地めぐりを終え、オーチャード駅近辺のフードコートで大行列になっている 
     Fish Ball Noodle 店を発見。 美味いに違いない・・・と列に並び、一杯のかけ蕎麦ならぬ
     一杯の魚肉ボール入り生めんスープを2人で一つ購入。おわんとフォークを一人分追加してもらい
     近くの席で頂きました。

DSCN2599.JPGDSCN2600.JPGDSCN2603.JPGDSCN2605.JPGDSCN2606.JPGDSCN2607.JPG
 
     Fishball にはyellowtailの身のみを使用とのことで美味い、麺も何種類かのうちから、
     生めんを選んで大正解。鰹節と昆布の出汁の様なあっさり味で大変おいしく頂きました。
     私は少し足らなかったので、すぐそばのインドカレー屋さんからナンを一枚だけ窯で焼いて
     貰ってお腹にいれました。IONショッピングモール下のフードコートにこの店はあります。
     一杯 5 $ とやや高めでしたがお勧めです。
 
     昼食の後、MRT南北線〔赤)で City Hall 駅経由、東西線(緑)で Bugis 駅へ
     娘が言っていたアラブストリート見物です。 イスラム教に興味は無いですが
     モスクがありましたので行ってみました。武富士に似た標記の Bugis 駅 B出口 が
     サルタン・モスクへの最短出口です。
 
DSCN2625.JPGDSCN2623.JPGDSCN2644.JPGDSCN2641.JPGDSCN2646.JPGDSCN2649.JPG
 
    この後ホテルに戻り、屋上スカイパークのバーでビールで水分を補給、休憩の後
     18:00 頃チャンギ空港に向かいホテルを出発しました。 空港のJALカウンターには
     未だ誰もおらずスタッフはフライトの2時間前に来ます。との表示のみがありました。
 
     再びインフォメーションデスクに行き、この紙をください・・・と無料 WiFi の IDと
     Passsword が書かれた紙をゲットして Line の間違いさがしゲームと将棋で時間を調整。
 
     19:50 頃にチェックインが開始され、空港の SATS Premier Club Lounge へ、
     ラウンジで不味い軽食と先ず先ずのワインを頂いた後、お土産のTWG紅茶を探しまわり
     ましたが見つからずインフォメーションデスクに聞くとターミナル2で出店しているとの事。
     我々の居るターミナル1からターミナル2までスカイトレインに乗り30分間で大急ぎで
     往復することになり、妻は息がきれる状態。でも何とか目的の品をゲットできました。 
     でも、こんなことならホテルのショッピングモールで買っておくべきでした。
 
     支払いには手持ちのシンガポール$を残らず使い、不足金のみカード決済です。
     こうすれば、現地通貨を一銭も無駄に日本に持ち帰らない、長年の知恵なのです。
 
     折角早く空港に着いたのに時間の使い方が拙かったようです。
     搭乗開始直前に搭乗ゲートに滑り込みました。現地を 21:50 離陸。
 
4月11日  
     往路、復路ともに 6 時間と 55 分のフライトで、
     復路は早朝6時前、羽田に無事到着です。
 
     羽田空港では家の近くまで行くバス便迄時間があったため
     JALアライバルラウンジなるところに立ち寄ってみました。狭い空間でしたが
     暖かい飲み物と、メゾンカイザーの焼き立てパンが置いてあり、シャワー室も完備で
     働く現役の方には、ひげを剃ってそのまま会社に向かえる嬉しいサービスの様でした。
 
     今回の旅は、ホテルが良かったこともありますが。大満足な旅でした。
     出来たら子供たち(孫?)を連れてまた行ってみたい気持ちです。
 
 
 
トピックス:

 
マリーナ・ベイ・サンズホテル:
 
ロビー: どこかのコンベンションセンターの様な感じで風格は☆3つくらいのイメージ  
     下の写真で、空間に写っている橋は海側の植物園に行来するための橋です。右手が植物園。 
     一旦左手のホテルの外に出ると、タワー1とタワー2の間辺りに蒸し風呂のように暑い 
     エレベーターがあります。 そのエレベーターで最上階 ( 6F ?) に上がるとこの橋を渡れます。
 
     DSCN2095y.JPG
 
受 付: 予約バウチャーに受付はVIP Lounge と記載されていたのを見過ごし、一般客用の列に
     並んだのですが受付が遅すぎます。到着した時は10数人の受付要員で対応させていましたが
     一人一人に丁寧すぎる時間をかけ、30分ほど二度も列で待たされました。対応☆2つです。
      行ってないですがVIP専用の受付と言うのも有ったようです。
 
      DSCN2095xm.jpg vip lounge.jpg     
 
ベルデスク:荷物の預かり、引き渡し、部屋への搬送・・・ともに合格
 
コンシェルジュ:EVENT PLAZA の場所やナイトサファリ情報等を聞いたところ実に的確でした。
     妻が慣れないサンダルで足に豆が出来てしまった際にバンドエイドが無いか聞いたところ
     常にポケットにバンドエイドをしのばせているオジサンの前に連れて行ってくれて
     何個か頂きました。感謝☆5つです。
 
プールとクラブラウンジ: 対応もよく大満足でした。☆5つです。
      プールや Club Lounge に行くには写真の様なカードの提示が求められます。
      プールに出入りする際には腕に日替わりで色違いのリストバンドが巻かれます。
 
      DSCN2692.JPGDSCN2098x.JPG
 
部 屋: 毎日の清掃も完璧で、部屋の電話機にある concierge ボタンを押すと直ぐに対応してくれる
     しくみに成っており完ぺきでした。 部屋に George Clooney の TVCM の様な珈琲と
      コーヒーメーカーが有ったので飲んだあと、おっと別料金かぁ?と concierge ボタンを押して
      聞いたところ冷蔵庫の中身以外は全て無料です・・・との答えがあり安心しました。
      毎日ベッドサイドに置いてあるミネラルウォーターには complimentary のラベルが付いていた
      のに珈琲には付いていなかったのです。ミネラルウォーターは速攻で冷蔵庫に投入しました。
      部屋やベッド、お風呂は☆5つです。トイレがウォシュレットで無かったのだけが残念でした。
 
ACコンセント:デスクの右奥の蓋をあけると写真の様なコンセント(BF型)が出て来ました。日本型との
     変換アダプターも1個付属していました。マルチコンセントも1個付いていました。 
     コンセントにはそれぞれ電源スイッチが付いています。ドライヤーやコーヒーメーカーを 
     
使うときにはプラグを刺して、スイッチをオンにする必要があります。 
     DSCN2184.JPG
KEYカード:エレベーターと部屋で使いますが、すぐに壊れるようです。プールに行き、日焼け止めを
     取りに部屋に戻った際、エレベーターでは使えた同じカードで部屋のドアーが開きません。
     エレベータホールに電話が有ったのでピックアップすると concierge が直ぐに出て、事情を
     話すと「本人確認のため私のクレジットカードの下4桁を教えてくれ」とのこと。覚えてないと
     答えると、名前とチェックイン日とチェックアウト予定日を確認され・・・「本人確認が
     できました。お部屋の前でお待ちください。セキュリティーを向かわせます」・・・とのこと。         
 
     スペアキーを持った係員が現れて部屋を開けてくれました。 「KEYはフロントに行って作り 
     直した方が良いでしょう」・・・とのこと。水着でフロントに行っても良いかと確認したところ
     問題ないとの事。少し恥ずかしかったですが水着とビーチサンダル姿で受付に行ってきました。
 
     この時妻が持っていた古いキーカードを何故か部屋の引出に入れていたのですが、妻が間違って 
     古いカードを持ってプールに行こうとして34階のエレベータホールで身動きが取れなくなった 
     事件がありました。壊れたカードは即処分すべきですね。 
 
エレベーター:タワー1、2、3それぞれのエレベーターで希望のフロアーに行くには宿泊者用KEYカード
     が必要です。 一般客が入れる有料スカイデッキだけは専用の直通エレベーターがあります。
     タワー1、2、3では、エレベーターに乗ると数字ボタンのしたのカードスロットにKEYを
     挿して引き抜くと緑のランプが点滅を始めます。 ランプの点滅中に行先階のボタンを押し、
     ”ビン”と言う音と共に行先階のランプが点くとOKです。 ランプが点いても直ぐに消える場合は
     やり直しです。写真はタワー3のものでプールのある57階へは34階で乗り換えです。 
 
     DSCN2337bm.jpgDSCN2337cm.jpgkey.jpg
  
朝 食: 毎日行くと飽きますが、果物を含め、シンガポール特有のビーフンや小龍包などもあり
     結構豪華でした。果物は常にふんだんに用意されているのですが、ジュース類のサービスが
     意図的に遅い感じがしました。 ジュース類は客が勝手に取れないように奥まったところに
     配置されており、注文して配達を待つ必要が有りました。 その配達が遅く感じられました。
     ジュース類は果物より単価が高いのかも知れません。
 
     DSCN2558.JPGDSCN2557.JPGDSCN2556.JPGDSCN2555.JPGDSCN2554.JPG
 
 
     DSCN2563.JPGDSCN2566.JPG
 
インターネット:上記ACコンセントの写真左手に有線LANの青いコードが映っていますが、 
     iPad 用の WiFi も部屋中に電波が飛んでいました。WiFi に接続するには 
     部屋番号+名前の最初の3文字を入力して LogInn するだけでした。
 
アクセス: チャンギ空港からホテルまで、
以前はバス便が有ったようですが、現在は無くなっており、 
     タクシーかMRTがホテルまでの交通手段です。空港~ホテル間のタクシー代は 20$ 程でした。
 
 
マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル ~ マーライオンの歩き方:
 
DSCN2144.JPGDSCN2142.JPG
 
シンガポール到着の当日、ホテルの屋上プールでゆっくり休んだあと、 15:00 のチェックイン迄に 
時間がたっぷりあったので、歩いてマーライオンに会いに行ってきました。 
  
写真を撮りながらゆっくり歩いて30~40f分ほどでマーライオンに着きました。湘南海岸のような素敵な 
ウッドデッキの歩道を期待していたのですが、全行程コンクリートでした。ウッドデッキだと 
スコールですぐに駄目になってしまうのかも知れません。 
 
私たちは下の地図のグリーンのコースを辿ってしまいましたが。ピンクの HELIX BRIDGE を通るコース 
の方が景色が良かったようです。下の写真左下のらせん状の橋が HELIX BRIDGE です。 
  
hotel~MarLionへのmap.jpg
 
ホテルのロビーでボーイさんに行き方を聞いたところ、遠いからタクシーで行った方が良いよ。 
どうしても歩くならタワー3の出口から歩けるよ・・・と超アバウトなアドバイスを貰い歩き始めた 
次第です。後の祭りですが、コンシェルジュに聞いておけば HELIX BRIDGE を通るコースを 
地図付きで教えてくれたはずです。
 
DSCN4278m.jpg
 

マーライオン公園からMRTラッフルズプレイス駅までは、徒歩で10分位でした。マーライオン裏手の 
フラトンホテル前の道路沿いに少し歩き、ビル街で右手に入っていくとMRTの標識がありました。 
地下街に出るとMRTの駅がありました。 
 
 
シンガポールの地下鉄MRT:
 
DSCN2651.jpg
 
大雑把に言うと赤の南北線、緑の東西線、黄の中央線、紫の北東南西線の全4系統でした。私たちの宿泊したマリーナベイサンズは黄色の路線の Bayfront 駅の真上にありました。 マーライオン近くの駅 Raffles Place 駅からは 南北線で隣の駅 Marina Bay 駅で乗り換えです。
 
切符の買い方
 
DSCN2573.JPG行先を路線図と駅名のどちらかから選びます。 
私たちは路線図を選択(タッチ)
 
2回目以降、6回目までは発券機右下の”カードリーダー”に前回使ったスタンダードチケットを置いてから以下の操作を行います。理由はこの記事の最後で説明します。 
 
 
 
 
 
 
 
DSCN2574.JPG路線図から目的の駅にタッチ 
(この時はOrchard を選択)
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
  
 
DSCN2575.JPG料金が表示されるので 
二人の場合+ボタンを押すと倍の料金が表示されます。 
 
 
 
 
 
 
  
 
  
  
 
DSCN2576.JPG表示された金額を投入します。 
お札はコイン右手の投入口から払います。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
DSCN2576x.JPG切符が出てくるのでピックアップします。 
お釣りがある場合忘れずに・・・

   
 
 
 
 
 
 
 
 
  
DSCN2577x.JPGゲートに進み 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
  
DSCN2577y.JPG右手前のカードマークにタッチ。 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
  
 
 
standarad ticket.jpgスタンダードチケットです。
 
Suica より薄いですが三層構造になっており、剥がすとコイルが見えますので、多分日本のSuica や Pasmo と同じソニーのフェリカカードだと思います。使い終わったら回収して再利用するのかもしれません。 
 
初めて購入するときに0.1$のデポジットを預け(支払わされ)ます。2度目に切符を買うときに発券機のカードリーダーにこのチケットを置き料金を払うと、2度の目的地までの料金がカードにチャージされ、入退場はこのカードを使います。3度目の利用時に料金が0.1$分安くなり(デポジット返金)・・・6回目の利用時に更に0.1$値引きしてくれる仕組みの様です。 
 
DSCN2694.JPG私たちは毎回切符を買うことに注意が向き、再利用する意識がなく、毎回切符を買ってしまい14枚ほど日本に持ち帰ってしまいました。 
  
1人7回分ですから買うのは2枚で済んだはずです。5枚分のデポジット0.5$と6回目のディスカウント0.1$、2人分で1.2$(約96円) が無駄になった計算です。チケット裏面をみると購入日から30日間6回まで使えます・・・となっています。 面倒なシステムですので、此れからシンガポールに初めて行かれる方はご注意ください。

 
有効期限が切れようが、返した方が良さそうなので娘に渡し、友人のシンガポール人が東京に来た時に持って帰ってもらおうかと思います。
  

 
チャンギ空港での Free WiFi サービス:
 
DSCN2423m.jpg空港のインフォメーションカウンターに行くと無料の WiFi アクセス用 ID とパスワードが書かれた紙が貰えます。到着ロビー・出発ロビー共に貰えます。有効期限は4時間のみですが街中のマーライオン近くのスターバックスでもアクセスできました。  
 
  
 
Wireless@SG 社のサイトからも ID とパスワードがゲット出来る様です。 此れから行かれる方はトライされてみては如何でしょうか? 
  
  
カジノ 入場の際の ご注意:
 
外国人はパスポートを持って行くべし・・・と言うのは知識として有ったのですが、服装と荷物に関してすこし補足します。
 
1)普通の服をきていればどんな格好でも入場 OKですが、
男性が帽子を着用したままの入場はNGでした。紳士淑女の社交場のマナーに反するようです。 私は禿隠しに、つば付の帽子(キャスケット)を被って行ったのですが、被ったままの入場は駄目だと言われました。でも何故かつば部分を後ろに回せば帽子では無くなる (?) のでOKとの事。キャスケットで、たるんだ布をまえに被ると妙な感じなので、脱いで妻のカバンにしまってもらいました。
 
2)カバンやカメラの持ち込み。ポケットに入る程度の小型のカメラは持ち込みOK。 昔のカメラの形をした中型以上の大きさのカメラの持ち込みはNGです。鞄はバックパックを背中にしょっていたのですが入場NGでカメラと共にクロークに預けさせられました。 紛失を恐れ、カメラから素早くSDHCカードだけは抜きとって預けました。預入・引き取りの際にいちいちパスポートが必要です。
  
 
マリナベイサンズホテルと周辺地図:
 
UH.jpgLH.jpg

 
PHoto Library :
 
1日目~2日目
3日目~4日目
 
 
エアーポートリムジンバスの往復切符:
 
帰国日に羽田空港からバス便で家の近所の「港南台・バス停」までリムジンバスで帰って来ました。
 
翌日、お財布の中からYCAT~羽田空港間の往復切符を2枚発見。片道560円が往復だと940円になりお得だったので空港に向かう時に買った切符です。帰国時にこの切符を持っていることをすっかり忘れ、早朝のラッシュアワーの時間帯で駅や電車が混むと思い、別のバス停「港南台バス停」に向かってしまった次第です。
 
切符を見ると裏に、有効期間30日間の文字を発見。後日横浜駅に行く用事のある時にYCATに立ち寄り、恐る恐る聞いてみたところ「はい、返金させて頂きます」とのこと。良かった無駄にせずに済んだ・・・と思っていたのですが、購入金額ー正規の片道運賃ー手数料100円が払戻金額だとのこと。2人分で560円(280円x2)返してもらい翌日のパンを買って帰りました。
 
歳のせいにしたくないですが、最近、夫婦とも、物忘れが多くなりました。困ったものです。
 


コメント(2) 

コメント 2

喜永

シンガポール大名旅行おめでとう。
こまかく書き込んでくれて旅行の楽しさが実感できます。
お体お大事に。
by 喜永 (2013-04-22 09:25) 

toshi

ありがとうございます。健康体ならもっともっと楽しめたのですが・・・でも動き回れる元気に感謝です。
by toshi (2013-04-22 14:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。